メニュー
  • やはたの森クリニック
    心療内科・精神科
    2020年4月開業

コロナと私たちの日常

4月にやはたの森クリニックが開院し、時が経つのは早いもので、もう木々が色づく季節となりました。

今春、新型コロナ感染症により、今まで当たり前だった日常生活が一変しました。感染への不安はもちろんですが、テレワークや異動を余儀なくされたり、さらには仕事を失ったり収入が減少する経済的な困難や、将来が見えない不安、家族や友人との関係性も変化して孤独を感じたり、社会から隔絶される不安、学生生活が普通に送れないストレスなど、様々な経験をされたことと思います。今までの常識が揺らぎ、生活の仕方、日常の所作、人間関係が変わり、時代の大きな変化に私たちは直面しているのかもしれません。

夏にはコロナの感染も小康状態となり、社会や人々が活動を再開し、ようやく光が見えはじめましたが、最近は再び感染者数は増加し予断を許さない状態です。年末にかけて1年を振り返り、次の新しい年をすがすがしく迎えたいけれども、まだこの冬の見通しが立たない、という人も多いのではないでしょうか。厳しい状況下で、私たちそれぞれが、2020年という年を生き抜いてきました。ホッと一息つく時間を持ち、思い出した時に深呼吸をしてみてください。少しでも生き生きとした時間を取り戻せたらと願います。 環境変化の中でも、人は皆、元々持つ適応力、自己治癒力、周囲の支えなどを通じて、バランスを取り戻す力を備えています。しかし、変化が大きすぎると、その力が一時的に働きにくくなってしまい、精神的な不安が生活をおおってしまうこともあります。当院は、崩れかけた心のバランスを取り戻す際、共に歩む存在でありたいと考えております。

やはたの森クリニック 2020年4月開院

阪急六甲駅から徒歩1〜2分の場所に、やはたの森クリニックを開院しました。

皆様のこころの健康を支えるお手伝いができる、暖かいクリニックとなるよう努めてまいります。

環境変化の多い時期、知らず知らずのうちに頑張りすぎて、こころのバランスを崩していることもあります。不眠、抑うつ、不安、緊張、落ち着かなさ、気力が出ない、ひとにいやな思いをさせられている、など、こころの不調は人により様々ですが、つらさが持続していて増大している場合、早めの受診が望ましいことがあります。

八幡神社の目の前、アットホームなくつろげる雰囲気のクリニックです。予約診にてプライバシーにも配慮して参りますのでお気軽にご相談ください。

院長 高橋典子

お知らせ

休診のお知らせ [2020.08.06更新]

8月14日(金) 15日(土)は休診とさせていただきます。ご不便をおかけします。

新型コロナウイルスへの対応 [2020.04.02更新]

新型コロナウイルス感染症の予防が重要となっております。

当院では発熱、感冒症状、異常な疲労感、味覚、嗅覚異常などがおありの方には受診を控えていただき、

内科医療機関、灘区保健センター(078-843-7001)

神戸市専用電話番号(078-322-6250)  24時間受付

でのご相談をおすすめしております。

当院では、院内の換気、消毒、手洗いに努め、職員は、マスク、ゴーグルあるいは眼鏡着用、受付カウンターのパーティション設置を行っております。

患者様と、当院スタッフのリスク軽減のため、患者様には来院時に、手指のアルコール消毒、体温計測、体調確認、マスクの着用をお願いしております。

また、精神科という特性上プライバシーに最大限に配慮した上で、換気のために窓や診察室のドアを開放したまま診察を行うなど、「3密」回避の対処をとることがあることをご了承ください。

ご協力をお願い申し上げます。

開院のお知らせ [2020.03.26更新]

4月1日「やはたの森クリニック」を開院いたします。

院長、スタッフ一同、地域の皆様をお迎えできることを嬉しく思います。

開かれたクリニックを目指しますのでよろしくお願い申し上げます。

尚、新型コロナウイルスの不安のある時期でもあり、残念ですが内覧会は開催しないことといたしました。クリニックの雰囲気を知っていただくために、院内の写真をホームページ上で掲載いたします。

 

初めて受診される方に

当院は患者様の待ち時間を少なくするために、ゆるやかな予約制をとっております。受診をお考えの方は、診察時間内に電話か当院受付にて予約をお取りください。

電話番号 078-855-5978

当院では受診時に、体調をおうかがいし、検温を行います。発熱、あるいは風邪症状のおありの方は、内科あるいは保健センターでのご相談をお勧めいたします。

当院で行っている治療

様々な精神的な不調を持ちながら日常生活に支障が出ている場合、一人で抱え込まずご相談ください。不調の状態を長引かせることで、さらに悪化することもあります。

精神的な不調は、生活や仕事の上でのストレスが要因となっている場合があります。現代社会においては、知らず知らずのうちに無理を重ねていることが往々にしてあります。精神的なストレスが、身体的な疾患を引き起こしたり、反対に身体的な疾患が精神的な不調を引き起こしたりもします。また、精神疾患が隠れていることもあります。

当院では、患者様一人一人の本来持つ個性を大切にし、本来持っている力を育み、より良い生活を送れるお手伝いをしてゆきたいと考えております。

患者様との面接を通じて、必要な場合には薬物療法をご提示いたしますが、何よりも患者様のお気持ちを大切にいたします。

精神的な不調の一例

  • ふさぎ気分、イライラ、不安、喜びを感じない、気分が不安定、自分が無価値に感じる
  • 不眠、食欲不振、倦怠感、慢性の疼痛
  • 活動が激しすぎる、衝動的な行動がある、怒りっぽい
  • 急に動悸がする、呼吸が苦しくなる、外出が不安など
  • 学校や職場での不安、対人関係の難しさ 
  • 他人が悪口を言っている、常に見張られている感じ
  • 記憶力が低下している、集中力が低下しているなど

詳細は「当院の特徴」のページをご覧ください。

交通案内

〒657-0051
神戸市灘区八幡町2−6−11サン六甲101号
六甲駅から徒歩2分
大きい地図はこちら

診療時間

診療時間
9:30〜12:30×××
15:30〜18:30×××

休診日:日曜日 月曜日 祝日

紹介先・提携病院

当院は小規模なクリニックで、医師のみが診察にあたる態勢のため、心理検査や画像検査が必要な場合、あるいは症状により精査が必要な場合には、最適な医療機関に御紹介をいたします。

 
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME